クレンチング症候群って??~ストレスが引き起こすトラブル~

歯・あるいはあごの痛みを訴えて来院する患者さんの原因の一つとして、「歯に強い圧力がかかる」ことが挙げられます。「無理に硬い物を食べ過ぎた」ということではなく、これはストレスによる顎の筋肉の過緊張によるもので、「クレンチング症候群」と呼ばれています。

歯は大きな圧力に耐えられる組織ですが、通常は上下の歯は接触しないように作られていて、持続力はさほどないようです。驚くべきことに、一日の中で、上下の歯が接触する時間は、咀しゃくするときを含めてわずか10分程度です。しかし、現代人は様々なストレスにさらされていることもあり、その何倍もの時間を噛み締めてしまうことがあり、その力を受ける組織には大変な無理がかかります。

これが習慣になると、冷たい水がひどくしみる「知覚過敏」や、歯にヒビが入る・割れるなど、様々な症状が現れます。また、歯と歯の間にある歯根膜と呼ばれる部分にも無理な力がかかり、歯がグラグラするなど「歯周病」悪化の原因ともなります。さらには、この力が骨を伝わってあご関節にかかると、口が開かなくなったりあご関節の周辺が痛む、あごの開閉時に音がする(『クリック』と呼ばれています)などの「顎関節症」に陥る恐れがあります。

クレンチング症候群自己診断ポイント

  • 上下の歯の噛み合わせ面が磨耗して平らになっている
  • 下あごの内側に骨の隆起がある
  • 上あごの口蓋(こうがい)の中央に隆起がある
  • 歯の外側と歯肉の境目に削り取られたような傷がある
  • 外耳孔(耳の穴)1センチ手前にあるあご関節を押すと痛みがある
  • あごのエラの部分の筋肉が張っていて、筋肉痛を感じる
  • 歯に接する頬の内側に白い線がある
  • 舌のふちに歯型の圧痕がついている
  • 肩こりがする

上記に一つでも当てはまる方は、かかりつけの歯科医院に相談しましょう。